プロフィール

ナツミ

Author:ナツミ
ゆずから広がって音楽がすき
京都に住んでる ひねくれた18才

好きなバンド
銀杏BOYZ/aiko/おとぎ話/ユニコーン(奥田民生)/TRICERATOPS/曽我部恵一(ソカバン/サニーデイ)/くるり/クラムボン/オシリペンペンズ

好きなもの
チョコレート/友達といく鴨川/マッシュルームカット/ケロロ軍曹/かぼちゃ/漫画(こどものおもちゃ/いくえみ綾/魚喃キリコ)/昭和レトロ/ひねくれた人/不思議な絵

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

まわる まわる ぐるぐるまわる 吐くまで踊る 悪魔と踊る
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
向こうに遥か
昨日の夜はひたすらゆずっことメール
メールした人みんなに明日めざまし出るって言って
音漏れながらにほんのうたの話して。
みんなぽつぽつ寝ていく中 めざまし見るためにずっと寝ずに朝を待ち
6時台と7時台をしっかり捕獲。

時代と見上げてごらん夜の星よが少しだけ流れて
短くても一生懸命に唄う二人を見てたまらなくなった。
力いっぱいに届けようとふりしぼるみたいに唄ってる二人がキラキラで。

何回も言うけどゆずが大好きとまたさらに思えた二日間
ありがとう お疲れ様です。


エキサイトのレポもさっきさゆちゃんからのメールで思い出して見た。
写真てんこもり
写真見てなんかへんなもやもやが出てきて。
音漏れが聞けてあんな優しさがあったのに
それは十分すぎる事なのにも関わらず
中に入れた人がいることがなんか信じれなくてなんかもやもやしてる自分がいて
入れた人に対していいなと思わないわけはないけど外でもめちゃくちゃ満足できたし
羨ましいなーってゆうもやもやじゃなくて
ゆずがそこに居たってゆうのがはっきりとしてなんか頭は逆にはっきりしない
そんなもやもや

中の様子の写真でまたにほんのうたの素敵さが増す。
二人の顔 嬉しそうで一生懸命で
言葉にするのがへたすぎてもう書けない
やっぱりありがとうお疲れ様ってゆう言葉が自然と浮かぶ。


にほんのうたお疲れ様でした。
頭おかしすぎる自分
本当見ても分かってもらえないと思うし意味が分からないと思う。


寝る前にはるちゃんから電話が来て見ない方がいいって泣きながら言われて
ずっと信じてなさすぎたせいか実感が沸いてくるのが怖くて。
ずっと信じる気がまったく無かった
まだ信じる気なんかさらさら無かった
でも向き合った後に信じる気がないって言い切れる自信がすっごく小さくなっていって。

信じないけど想像して心配はした
もし本当になったとき自分はどうしようと。
でも全く関係ないからどうするもなにもなくてなにもしなくていいって事になる
その状態ですら悲しくて泣いて泣いて

でもそれが実際になった
本当かどうかじゃなく迫ってきた
ひたすら怖くてしばらく寝れなくなった
早朝を通り越して普通の朝になってた
でも泣いてやるもんかと思った。

いつの間にか寝てたみたいで起きてすぐまた思い出す。
イライラが止まらなくなって消えたくなった
向き合いたくなかった
でも自分で向き合わずにそのまま過ごすことも無理って事くらい分かったし
ずっと覚悟をきめてた。

ギター手にとって弾いて唄ってみた
それだけでめちゃくちゃ泣きそうになったからやめた。
昨日の夜、明日は醍醐寺に行こうと思ってたことを思い出して夜の7時前に醍醐に向かった。

地元のコンビニで紅茶と一緒に買って
かかったふくろが軽すぎてなんでこん中の数ページにおびえてるんとか思ったら
体が重たくなった
ぎりぎり手すりを持って立ててた感じ。

行きの電車でずっと声を聞いて。
君が好き 君が好きよ
些細なフレーズで泣きたくなった 電車でずっと上見てた。
声が愛しくなってまた苦しくなって。

醍醐について坂をあがりながらどんどん訳わかんなくなってきて
ここ4日中3回も醍醐寺向かってる自分がおかしかった
自分で転んで泣いてる自分をを笑ってやりたかたかったなって今思う。
転んだらよかったのに


醍醐寺につく ちょうちんが見える
中に入ったら少ない電灯の光があるだけで暗い。
あたり前に人が居なくてむなしくてね。

門の前でとにかく手を合わせて自分に言い聞かせる
その後何で来たんやろって思った
門の前をふらふら考えてたら息がまたおかしくなった
声あげて泣いた。
上向いて下向いて
だいぶ落ち着いてとりあえず門前の階段に座り込む

だれも居なくて 時々一人二人通って
こんな時間に女の子がお寺の前で座り込んでたらそらみるよな。

座りこんだ瞬間ぼーっとした
不安は消えなくて誰も居ないから一人で大丈夫大丈夫って何回も何回も言い聞かせた
涙も出そうにもなくただぼーっと暗い木を見たりして


座りこんでしばらくして
聞こえる超特急が終わったら見ようって決めた。
でもしんしんが始まって一番が終わって
また逃げようかと思ったけどイヤホン外して携帯遠ざけて
見てみようとおもった。

見出しでもうイライラして階段でぼろぼろに叩きつけようかと頭で思ってた
震えてたかもどうかももう覚えて無いけどページめくって開けた。

目に飛んできた
一秒見ただけでイライラがおかしくて
けど目をそらしたらもう見ない気がしたからとにかく見た
涙はなかった
とにかくイライライライラして。
一通り写真見終わって空見た
頭かきむしった多分小さくへんなうめき声あげてた
泣ける気はしなかったし気配も無かった
少し泣いた イライラした。

ずっとイライライライライライラが止まらず。
とにかく記事を読む
読めば読むほどしらけてきた。
読み終わった後深呼吸した イライラがおかしすぎた
深呼吸の後ずっと我慢してたのに爆発した
気づいたら思いっきり砂利に向かって投げつけた
またちょっとだけ泣いた
投げつけたのに拾ってる自分がかっこ悪すぎてやっぱり消えたくなった

ふくろに戻して歩き回った
つまづきかけてたと思う 次こそこの時こそにこければよかったのに
ふらふらして片足だけ穴に落ちた。
そこでしっかりしなあかんっていろんなもの払いのけた
真っ直ぐ歩けて驚いた。
帰ろうとしてたけど振り返ったら帰れなくなって泣きながら門の前に戻った。
ぼーっとぼーっとしてたらはるちゃんからの電話

この事はそりゃあ話した
冷静でいれてたと思う 思ったよりほんまに冷静でいられて
はるちゃんのが取り乱してたかな。

関係無い話とかちょっとふざけた話をした
切る前に「ほんとに大丈夫?」って言われて大丈夫な自分に気づいた。
電話でめっちゃ救われた

醍醐寺を出るまでにまたふらふらした
出て行くときにまた手を合わしたら女子高生に変な目で見られたな。


思ったより大丈夫
味覚は失ってないし顔も見れます
いまは大丈夫です。
スポンサーサイト
【2006/07/31 23:53】 | ゆず | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<次々に現れる矛盾を消化するのは | HOME | 同じ日差しを>>
コメント
しょこたんの話とか結構ムリヤリだった。苦笑

分かんないけど
分かんないけど強がって壊れたらいやだから。

辛かったら
いつでも京都まで行って抱きしめてやるから。

ぷっ。
こんなこと言うキャラじゃねぇ。(台無し
【2006/08/01 11:40】 URL | はるな #WRB6RLPA[ 編集]
この日記ほんま読み返すときもい。笑
是非読まないことをおすすめだなーうにゃー

壊れないよーい 大丈夫
前に怖い怖い連呼してたときよか大分素晴らしく軽いのよ。
北川さんの顔が普通に見れたらまだ大丈夫。

けど京都に来て抱きしめてください
こちらもこんなこと言うキャラじゃないんだけども。笑

ほんまにはるちゃんに救われたのよ
大丈夫です元気です。
ありがとね。
【2006/08/02 01:09】 URL | ナツミ #NkOZRVVI[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://redbroccoli.blog69.fc2.com/tb.php/53-2bc5200a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。