プロフィール

ナツミ

Author:ナツミ
ゆずから広がって音楽がすき
京都に住んでる ひねくれた18才

好きなバンド
銀杏BOYZ/aiko/おとぎ話/ユニコーン(奥田民生)/TRICERATOPS/曽我部恵一(ソカバン/サニーデイ)/くるり/クラムボン/オシリペンペンズ

好きなもの
チョコレート/友達といく鴨川/マッシュルームカット/ケロロ軍曹/かぼちゃ/漫画(こどものおもちゃ/いくえみ綾/魚喃キリコ)/昭和レトロ/ひねくれた人/不思議な絵

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

まわる まわる ぐるぐるまわる 吐くまで踊る 悪魔と踊る
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
タオル
やぁ、やぁ。
こちらではお久しぶり。

ミクシーなんてソーシャルネットワークサービスですか?
そんな絶対永遠に続けるはずないものに日記を書いてしまうのはもったいないです。
でも書いたらだいたいコメントはつくもんで、自分の言葉になんらかの反応があるというのは嬉しいもので
すっかり依存してしまっているのです、仕方ない。
わたしもそこいらのイケイケ若者なのですよ。

なるべく、こっちに書こう!
愛を注いできた2代目ブロッコリーちゃんにもっともっと愛をそそごう!
と、ミクシーに書きそうになった日記をこちらに書きます。

もうなんか日記の書き方、というか口調?
どんどん変になってってんよね、昔と比べたらなんかなんか変です。
でも今はこの書き方が楽なんで、そんなかんじでよろしく。


ちょーい、ついについについに明日なんよ。
わたしが勝手にスタバの30倍お洒落やと断言してるカフェの面接。
お洒落な場所で勤務したいやん?
お洒落なカフェの面接なんか、ちょっとお洒落ぶっこかなあかん気するやん?

だから電話した日から、どんな服着よう…。
Tシャツよりは、襟のあるブラウス的な…Gパンよりはスカート?
とかうんだらかんだら考えてたけど結果、今現在なんも決まってないし。
そんなことよりなにより。

こんな大事な大事な日に備えて、考えまくってたわたしに最強のいじわるがやってきた。
ニキビ!こんにゃろー。59
1日で治るわけがないのです、悲しすぎますよええ、鏡見るたんびにね。

このショックさは
「明日は3年間憧れていた井上先輩(仮名)と念願かなって初デート!どうしよう緊張しちゃうよーっ!……え、そんな…こんな…、こんな大事な時にニキビできちゃったよー。涙」

って感じなのです。
うじうじしても治るもんじゃないんで
眠ってたチョコラBB飲んで、面接受かるようにシュミレーションしときますわい。



去年の今頃、話題になってるからちょいと気になってて
ライブ見る機会あったのに、でもうまい具合に見れんくてそのまま。
そしたら今年になってもっと話題っていうかみんな結構聞いてる感じで人気でてて。
そしたら逆に聞きづらくなって、わざと避けてたのね。すすめられたりしても。
ちょいちょい情報のぞいたり、動画見たり、日記読んだりしてたけど、でも向き合わんくて。
最近はむしろ 絶対聞いてやんねえ!!!
とか思ってたのに、20曲ぐらい一気に聞いちゃった。
すっげいいよ、こりゃみんな勧めてくるわ。
躊躇してた1年がもったいないわくそボケって感じ。

さあ、この長ったらしくてわけの分からん上記。
なんのバンドの話をしているでしょうか。

ヒント:今年の夏、ライブで見れる


ああ、早く働きたいなー。
給料もらったらまず

・オシリペンペンズのCD
・安もんじゃない時計
・途中放棄したハチクロ
・VANSのスニーカー
・柄のロングスカート

上記を購入、そんで

・借金を返却


がんばれ、自分。絶対受かれよ、自分。これ以上にない素敵な条件やぞ、自分。

明日は、コンタクトを作りに行く。
明日は、面接に絶対合格してやる。
明日は、あすかちゃん・ヨウちゃんと呑む。


聞きたくてiPodに入れたのに聞けてないものがいっぱい。
・みうらじゅんのサブカルジェッター、みうらさんと安斎さんのPodcast(全部で40タイトル以上)
・A Film About The Blues/TRICERATOPS
・サカナクション
・cutman-booche
・ヘッド博士の世界塔/Flipper's Guitar
・秘密/aiko
・サンボマスターは君に語りかける/サンボマスター
・EQ/シュノーケル
・tea/カジヒデキ
・おどる亀ヤプシ/UNICORN
・ゆきに借りたブルハ、ハイロウズ、秦基博

大過ぎでしょう、多分もっとあんのよ。
言えばアジカンのワールドワールドワールドも聞けてないし。

カットマンブーチェは寝る前によく聞いてんの。
でも絶対寝てしまう、心地よすぎて子守唄なのです。笑

そんな今、また銀杏BOYZ聞いてるだめだめ子です。
カジさん聞いて寝ます。おやすみなさい。
スポンサーサイト
【2008/06/22 03:11】 | 私生活 | コメント(0) |
×書いてる途中だよん ○やっと完成したよん
ずっとずっと書きたかったけど書けてなかった
でもあの日からうちの心は銀杏BOYZでいっぱいで、ときめきと興奮と余韻とがドキドキぐるぐる消えずにはちきれそう。

5/31
この日はゆきとまどかん家泊まる。
銀杏BOYZのライブはゆきちゃんと行くのです。
でも寝れんくて布団に入ってずっとみんなの睡眠を妨害してました。(おい


6/1

真昼の廃人 真夜中のHIGH人~春と修羅とシド・ヴィシャス~(昭和83年のロックンロール)
special feature 銀杏BOYZ@大阪服部緑地野外音楽堂

11:00 open/start


10:15起床。
思わず時計2度見、パニック。
焦ってゆき起こして起きてから10分で出発、自転車2人乗りダッシュ。

モノレール乗って乗り換えて、走る走る。

11:20分くらいに到着。
あら、まあなんとラッキー!まだ入場始まってない!!!
冬のツアーで買えへんかった銀杏のフォトT買ってほくほく。
入場始まってちょいあびちゃん寄りの席確保。

11:00 open/startってどういうことやねんって思ってたけど分かった。
入場したらもうすでに始まってる、これがopen/startか。笑

この日の出演者は、大阪で活躍してるまだインディーズデビューもしてないようなバンドばっかし。
サイケな雰囲気でありながらアングラなかおりがぷんぷんするような。笑
みんな個性が強くて楽しくて魂があってすごかった。

ほんまのこのイベントの雰囲気がやばかった。
出演者も、会場も、お客さんもなにもかもがすてきで終始、胸がきゅんきゅん鳴り止まず。笑
普段、ライブ行ってもお客さんにここまできゅんきゅんさせられる事なんてないのに。
さまざまな個性のある人がいっぱいで刺激されっぱなし。
マッシュルームカットが異様に多くて、その中の1人な自分はなんかはずかしかった。笑

すっげいい天気で酒飲みながら見てたら、くらくら。でも楽しい。
ステージ転換の合間、何者なんかわからんけどパンツ1丁のハゲと同じくパンツ1丁の虎覆面
が歌う。
それがいちいちおもろくて、みんな爆笑しまくってた。

客「ハゲー!!!」
ハゲ「誰がハゲやねん!よう見ろ!」
客「めんたいこー!」
ハゲ「めんたいこってどーゆーこっちゃ!!!意味わからんわ!!」

こんな感じで野次と戦ってた。笑
ああ、ハゲの数々の可哀想な歌たちが忘れられません。

スペシャルゲストで猫ひろし。
意味不明で、ひとり暴走しまくりで苦しいくらい笑った。
ステージ脇で、モタコと村井君が見てた。笑

いろんなバンドの中でもワッツーシゾンビがかっこよかった。
最後、鉄筋によじのぼって4mくらいの高さから飛び降りた、かっこええ。

外に出て酒とちくわ買って戻ってきたら夙川ボーイズってバンドがやっとって
最後2曲ぐらいしか見れんかったけどこれもかっこ良かったな。
ベースやってた女の子がドラムたたき出すし、んで全員歌えるっぽい。

ハゲ出てきて、「いよいよクライマックスやー!」ってオシリペンペンズ。
急いで前行く。初ペンペンズ。

モタコが消化器頭にぶっかけて、会場にもまき散らす。笑
泣きそうな顔でI LOVE YOUって言う。
指つっこんでゲロ吐いて、自分のパンタロンで拭いてた。

ふっとももコミニケーション、時は来た、3日だけ付き合って
だけ覚えてる。3日付き合ってテンションあがったー!
ひとりの女の子の前に立って見つめて「3日だけ付き合って」ってずっと言ってた。
さぞかし怖かっただろうに。笑

罵声あびせろ、あほあほ言え、それが俺には快感じゃーっていうモタコがかっこよすぎる。

消化器2本目持ってきて巻き散らかしてたら、スタッフさんに怒られてた。爆笑
(こないだアメ村でモタコに会った友達によると消化器で機材あかんくしたから借金してるからみんなCD買ってくれって。笑)
PA席のテントによじ登ってたら、スタッフさんに引きずりおろされてた。爆笑

ペンペンズ、強烈すぎたけど虜になってしまった。
モタコの「ありがとう」と、声が心に残ってる。


んでついにこの会場の8割がお目当てにしてたであろう銀杏BOYZの番。

すごいステージでもう胸に突き刺さりすぎて苦しかった

ステージセッティング、本人達がやっとったけど
峯田さんが黒染めしたと完全に思いこんでたから金髪でびっくり、気づかんかった。笑
んであびちゃんが痩せすぎ、珍しく脱いでる、髪伸びすぎでなんかオーラがとげとげしくて
ゲタ見るまであびちゃんって気づかんかった。笑
坊ちゃん刈りになったちんくんはパンダみたいなメイク。
村井くんは最近見たから変化なし。笑

峯田さん出てきた時、金髪+Gパンでほんま誰かわからんかった、スタッフと思った。
Gパンだっせーの。笑

峯田さん後ろむいてギター弾きながら
「だ~れもいない海~あなたの愛を確かめたくって~」
って十七才歌ってすぐやめる、はじまったかと思った。

マイクスタンドにあったマイクを床において、しばらくして出てきた。
峯田さんはGパン脱いでいつものパンツにスニーカー、でも白T着てた。

ハーモニカ吹いてギターも持たずに光を歌う。
「光 光 僕を置いてけよ」が
「光 光 僕を置いてくなよ」って歌ってた。
いつも通り途中からバンドサウンド。

Tシャツはすぐひきちぎって村井君のドラムに投げてた。


新曲、ボーイズオンザラン。
「この会場にいる女ども!いますぐここから出てってくれ!」むちゃくちゃ言ってボーイズオンザラン。
まだライブでもそんなやってないから盛り上がってなかったけど絶対盛り上がる曲やわ。
早くちゃんと聞きたい。

若者たち歌ったあたりから指定席が指定席じゃなくなった。
座席あるのにスタンディング状態のぎゅうぎゅう詰めで、席つぶれそうでこわかった。
気付けば自分も2列目に居た。

峯田さんがいつもよりきつく頭にマイク叩きつけて峯田さんの顔は血まみれで
そのままきれいな目でステージから降りて目の前で若者たちを歌う姿に泣きそうになった。

んでSKOOL KILL!盛り上がり異常。
峯田さんが後ろのセットによじ登って歌って、盛り上がる盛り上がる。

チンくんの結婚の話を峯田さんがギターを弾きながら語りだす。
それをニコニコなんとなく照れくさそうにチンくんは聞いてた。
峯田さんの元カノちひろちゃんは、メンバー全員と関わりがあったから
一応言っておこうと久々に電話したんやって。
したら「かずくん、わたしも言う事があります。わたしも去年の秋に入籍しました。」って。笑

「僕たちにもよるが来る、あんたたちにも夜が来る、ちひろちゃんにも夜が来る、かつて恋人だったあの人にも夜が来る。ちひろちゃんが好きだった曲です。銀河鉄道の夜。」

そんで銀河鉄道の夜。
峯田さんのMCはいつも曲を何倍も素敵に膨らませる。

あいどんわなだい、BABY BABYって続いてテンションやばい。
昔、BABY BABYで「何もかもが輝いて手を振って」で「手なんか振るな!!!」とかキレてたのに
手振ってた。笑

最後、僕たちは世界を変える事が出来ない。
イントロ聞いただけで泣ける。

BABY もう泣かないで 僕がそばにいるから
BABY まだ死なないで 僕は変わらないから

愛が邪魔してる こんなもの捨ててしまおう
愛してるのに こんなにもそんなにも

きっと世界は君の物 きっと世界は僕の物
きっと忘れているだけ もっと美しい事

愛が邪魔してる こんなもの食べてしまおう
愛してるのに こんなにもそんなにも


まだちゃんとした音源がないから覚えてないみんなのために峯田さんが歌詞を教えてくれながら歌う。
すごいあったかい時間やった。


やるしかいましかねーべ!やるならいましかねーべ!

ってことでアンコール。
日本人!!!!最高!!!!!
1分ちょいしかない短い曲やけど爆発的に楽しかった。

最後峯田さんが村井君のドラムにつっこんでおしまい。
とおもったら村井君が意識失って起き上がらん。
村井コールで立ち上がった村井君は相当かっこよかったな。


ありがとう銀杏BOYZ


01.十七歳(南沙織カバー)
02.光
03.ボーイズオンザラン
04.若者たち
05.SKOOL KILL
06.銀河鉄道の夜
07.あいどんわなだい
08.BABY BABY
09.僕たちは世界を変えることができない

EN
10.日本人
【2008/06/06 10:15】 | 岡田義徳 | コメント(2) |
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。